home一般社団法人大和郡山市観光協会公式ウェブサイトYAMATOKORIYAMA CITY TOURISM ASSOCIATION

観光案内

観る「日本の桜百選」に選ばれた郡山城跡を彩る桜をはじめ、
自然と文化遺産に恵まれた大和郡山市の観光スポットをご紹介!

  • 植槻八幡神社

    植槻八幡神社

    祭神は誉田別命。奈良時代の植槻寺となんらかの関係があったものと思われる。
    植槻寺は、和銅2年(709)藤原不比等が浄達法師を招いて維摩会を行った道場。
    郡山築城の際掘り出された薬師三尊銅像は薬師寺西院堂(現在の講堂)に移転。

  • 永慶寺

    永慶寺

    郡山城主柳澤家の菩提寺で、柳澤吉里が甲府から国替えの際、当地に移築したもので、市指定文化財の山門は旧郡山城城門を移築したものといわれている。また、当寺柳澤吉保、同夫人の坐像も市指定文化財となっている。

  • 圓融寺

    圓融寺

    光岸山と号し、融通念仏宗の寺で、建築学的に見てもたいへん凝った豪華な造りになっている。
    赤膚焼中興の名匠奥田木白の墓がある。

  • 額安寺

    額安寺

    真言律宗、熊凝山の山号を持つ。聖徳太子が推古天皇のために大寺を建立しようとして手がけた熊凝寺の故地に、額田部氏出身の道慈律師が建てた寺。また、明星池の中島に建っている宝筐印塔は、県指定文化財。

  • 杵築神社

    杵築神社

    祭神は素盞鳴命、誉田別命、天児屋根命。本殿、宝殿は県指定文化財(室町時代)。境内の光堂寺の経蔵の棟木に天文23年(室町中頃)の銘文が墨書されている。地下からは多くの経石が発見された。

  •  源九郎稲荷神社

    源九郎稲荷神社

    祭神は、宇迦之御魂神(保食神 うけもちがみ)で古くは日本三大稲荷のひとつ。源義経が吉野に落ちのびた時、白狐が側室静を送り届けた話は有名。
    「白狐渡御」の行事がある。

  • 県立民俗博物館(大和民俗公園)

    県立民俗博物館(大和民俗公園)

    民俗博物館は、延面積4,250㎡。資料約7,400点。県内各地より集められた民俗資料が展示されている。大和民俗公園(26.6㏊)には大和各地の価値高い民家(重文)が移築されている。

  • 光慶寺

    光慶寺

    瑞厳山と号し、真言西本願寺末。平安末、天台宗皇慶寺を改め、、後に蓮如上人の教化に帰依した光慶が、浄土真宗光慶寺を建立した
    ご本尊は阿弥陀如来立像(室町初期)
    梵鐘は市指定文化財

  • 小泉城跡碑

    小泉城跡碑

    周囲に堀をめぐらした、小泉藩主片桐氏の陣屋跡。

  • 小泉神社

    小泉神社

    祭神は素盞鳴命。小泉藩主以下家中の奉納したものがある。本殿は重要文化財。九頭天王社は雨乞いの水神様。木造女神像は市指定文化財

  • 庚申堂金輪院

    庚申堂金輪院

    小泉藩主片桐貞昌の時代、茶人藤林直良が創建した。往時は一国一宇庚申として大和国の庚申信仰の総道場として知られた。

  • 郡山城跡

    郡山城跡

    復元された追手門、隅櫓、多聞櫓などが往時を偲ばせる。
    天守台の石垣には、さかさ地蔵、羅城門の礎石など、転用石がある。
    県文化財。城址会館は明治41年築の旧県立図書館。昭和45年移築保存。

    2017年3月26日(日)からは天守台展望施設が一般公開され、石垣補修整備事業に伴う発掘調査で出土した天守礎石の実物が間近でご覧いただけます。
    城下町だけではなくお天気の良い日には、奈良、薬師寺、若草山から三輪山まで一望できます。
     郡山城天守台展望施設利用時間 
     10月~3月:7時~17時  4月~9月:7時~19時

     郡山城石垣の語り部(郡山城天守台を説明・案内するボランティア)
       実施日時 土曜・日曜・祝日 10時~16時(冬季は15時)
    *平成30年7月28日(土)・7月29日(日)8月の土日・
         祝日は、石垣の語り部の案内中止されています。


  • 郡山八幡神社

    郡山八幡神社

    祭神は、誉田別命、比売大神、気長足媛命。柳八幡宮ともいう。鎮座は室町時代か。
    郡山城鎮護の八幡宮として歴代の郡山城主の尊崇をうける。

  • 慈光院

    慈光院

    小泉藩城主片桐貞昌が1663年に創建。庭園は、茶道石州流々祖であるだけにわび・さびの境地を表現する日本の名園の1つで国指定史跡・名勝。書院、茶室等も重要文化財。

  • 実相寺

    実相寺

    浄土宗知恩院末。慶長年間中井主水が正誉上人を開基として建立。
    本尊阿弥陀如来像は鎌倉時代初期の作。本堂内陣正面の扁額は柳澤信鴻の筆で市指定文化財。

  • 春岳院

    春岳院

    大納言豊臣秀長の菩提寺。秀長の肖像画(市指定文化財)や御朱印箱及び箱本制度の史料文献が残されている。
    4月に大納言祭りがある。

  • 修羅と石展示場

    修羅と石展示場

    郡山城天守台展望施設完成記念事業としてお城まつりの間に実施された「修羅引き」の際、実際に使用された「修羅」と石が(株)淺沼組大和郡山営業所の敷地の四阿の中に展示されています。往時の天守台建設の苦労が偲ばれます。 *「修羅」のいわれについて
     古代インドで正義を司る神「阿修羅」(略して修羅とも)は、力を司る神「帝釈  天」と激しい戦いを挑み、何事にも動じることのなかった帝釈天を動揺させました。
    つまり、帝釈=大石(たいしゃく)を動かした唯一の神が阿修羅だったことから、大石=巨石を動かす大きな木ぞりのことを「修羅」と称するようになったそうです。

  • 浄慶寺

    浄慶寺

    金照山と号し浄土宗知恩院末。天正(1573-92)に増田長盛がもと七条村(現奈良市)から郡山に移し、のち1622年に現在地に移転。本尊阿弥陀如来坐像は平安中期の仏像で国重要文化財。

全48件のうち1~20件を表示

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. >

このページの先頭へ