金魚とお城の町 やまとこおりやま 自然に恵まれた語り部の里 金魚とお城の町 やまとこおりやま 自然に恵まれた語り部の里

- 女王卑弥呼 QUEEN HIMIKO

明るく元気な女性を募集します。あなたの魅力ある笑顔で大和郡山を元気にPRしてください!未婚・既婚は問いません。 数千年の時を経て、卑弥呼が今、誕生する 数千年の時を経て、卑弥呼が今、誕生する
女王卑弥呼が選出されるようになった経緯
大阪教育大学名誉教授だった故鳥越憲三郎氏が著書「大いなる邪馬台国」の中で、
邪馬台国は大和郡山市北西部の矢田地区にあったとの学説をもとに、
大和郡山市が町おこしの一環として1982年より女王卑弥呼を選出するようになりました。
卑弥呼に選ばれた方は、1年間にわたり、観光協会が関連する市の事業やキャンペーン、
伝統行事のPRを行っています。

第40代 女王卑弥呼(2022年度)のご紹介

  • 山田 あかり

    山田 あかり

    「元気!明るく!笑顔!」を大切に一人でも多くの方に大和郡山市の魅力をお伝えできるよう精一杯頑張ります。1年間よろしくお願いします!

  • 富井 惠美梨

    富井 惠美梨

    大和郡山市に住んでいる方には、新しい魅力を知って頂き、観光に来て下さった方には、「素敵な町だな」「また訪れたいな」と思ってもらえるように、私が体験したこと、感じたことをありのまま、お伝えしていきます。そして、これから出会う沢山の人に笑顔と元気をお届けします。1年間、精一杯頑張りますので宜しくお願いします。

  • 金居 ほの香

    金居 ほの香

    持ち前の明るさで、大和郡山市がより活気溢れる街になるよう、精一杯務めてまいります。笑顔で大和郡山市の魅力をお伝えします。1年間よろしくお願いいたします。

女王卑弥呼の活動

年度別で見る
2022年度の活動
 過去の女王卑弥呼
  1. 第38.39代女王卑弥呼
  2. 第38代女王卑弥呼
  3. 第37代女王卑弥呼
  4. 第36代女王卑弥呼
  5. 第35代女王卑弥呼
  6. 第34代女王卑弥呼

このページの先頭へ

第38.39代 女王卑弥呼(2021年度)

第38代 女王卑弥呼(2020年度)

第37代 女王卑弥呼(2019年度)

第36代 女王卑弥呼(2018年度)

第35代 女王卑弥呼(2017年度)

第34代 女王卑弥呼(2016年度)